1474552146824

長かれ短かかれ、人は居場所探しの旅をしてきたのではないでしょうか。

私は封建的な農村に生まれ、家父長制、嫁姑の関係の桎梏などを見ながら育ってきました。

そして、母親の何気ない言葉から、

(長男の兄は家を継ぐのでずっと家にいられる、末っ子で女の私は家では必要とされていない、家をでていかなければいけない)

という思いが子どもの頃から、寂しい思いと共にありました。

そこが、私の居場所探しの始まりだったかもしれません。

そして、そこが、いい意味では親からの自立の始まりだったともいえます。

人から必要とされる仕事をしたいと思い続けてきました。

 

kazup1080833_tp_v1

多くの人が、自分の育った環境から自分を捉え返し、自分と向き合いながら、居場所探しの旅をしてきたのでしょう。

自分の居場所探しの原点と向き合う作業は、つらいかもしれません。第三者に聞いてもらいながら、整理していかれるといいかと思います。

その作業に寄り添ってくれる人はいるはずです。じっくり、ゆっくりと歩いていきましょう。