名古屋は一日雪でした。寒九(かんく)の雨ではなく、寒九の雪でしたね。

1484402192814

小寒から数えて九日めに降る雨は、豊作の兆しとして喜ばれているそうです。

そしてその寒九に汲んだ水は、清く澄んでいて、薬にもなり、日本酒の仕込みや化粧水、紙漉きなどに使われているようです。

 

私は、今日は「ヒプノセラピー」の補講で、一日教室で学んでいました。やっとこの講座が終了しました。

カウンセラーとしての実践と学びがつながっていき、寒九の水に、心身ともに清められたような一日でした。