自分を人と比較して、「どうせ自分は…」と自己否定に陥ってしまったり、

同じ土俵で「人に勝たなければならない」と思い込んだりすると、

人に自分の人生を振り回されてしまいがちになりますね。

そんな思いを手放した時に、「自分の人生の主人公」になれるのかもしれません。

自分の人生を大切にしたいですね。

 

*「主人公」はもともと禅語で、「心の中にある仏性、本来の自己のこと」をいうそうです。(枡野俊明著『怒らない禅の作法』参照)