仕事疲れ、燃え尽き症候群というと
福祉、介護、看護の現場で働いている人が多いといわれます。

人のために尽くしたいという献身的な人が多い職場です。

そして、誰かが倒れると
「私がその分やります」という人がでてきます。

そのうちに、人のためにと思ってやっている人が
疲れてしまいます。

ふと気がつくと、やれる能力のある人の分まで働いていたり
やれる能力のある人の援助をしていたり…

そんなことはないでしょうか。

人の欲求に影響を受けすぎていないでしょうか。

自分の欲求も大切にしてこそ、自分の力も活きてくるんですよね。