思春期・青年期の特徴は、
アイデンティティ(自分は何者か)の確立の時期といわれます。

自分は何者か?と問われても
まだ大人への入り口で、親からも自立しきれない時期に
すぐに答がでる問いではありませんよね。

身体的にも・精神的にも急成長して
心身のバランスの崩れ、情緒不安定にもなる時期です。

試行錯誤しながら歩いていく時期だと思います。
親からも常識だけで判断せずに、
そっと見守ってほしい時期ですよね。

専門家の心理的なサポートも必要な時期かもしれません。
その時には、ご本人の同意の下にお勧めくださいね。

迷い傷ついた者こそ、豊かな一歩を踏み出せる
と信じています。

 

関連ブログ「成長に伴うもの」「1ページも無駄ではなかった」もご参照ください。