答えることはロボットでもできる
応えることは…

人はキャッチャーミントを誰もがもっているという
受け止める 応える能力をもっているという

生れながらに持っているという この能力を
活かして生きていきたい…と思った一日でした