「経済的には自分でやっていくから
私の生き方は私に選ばせて」とばかりに
私は18歳の時に家を出た

私にとっては 親からの自立と
母とは違う生き方を選びたいという思いがあった

母にとっては 心配やら反対の思いやらで…
私が登山中に転落した時には
「名古屋に出したのが間違いだった」と
つくづく思ったようです

 

それでも 支え続けてくれたのに
「私の生き方を支えてくれてありがとう」
とちゃんと言えてなかった

突然の他界でもあったけれど
そんなことは充分予想できる高齢だった

お世話になった人には 生きているうちに
ちゃんと「ありがとう」と言っておこうと思う

 

*写真はイメージです。