中学校3年の卒業を控えていた頃
好きな国語の先生の最後の授業でした。

教科書どおりの授業をしないけれど
話はおもしろくて 人間味あり
大好きな授業でした。

最後の日は 教科書の最後の詩を
朗読してくれたのです。

最後の2行を繰り返し読んで
締めくくってくれたのです。

生きる価値を見失わないように
生きる喜びを手放さないように

 

今でも鮮明に覚えていて
だんだんとその時の言葉の重みを
感じるようになりました。

成人の日にちなんで
書いてみたくなりました。