いきなり地獄と極楽のお話になってしまいますが…
こんなお話を聴きました。

地獄ではご馳走を前にして どんよりした表情
長すぎる箸で  自分の口にご馳走が運べなくて
誰もが満たされていないのです。

 

かたや極楽では 笑顔があふれている
長すぎる箸で  テーブルの前の人の口に
お互いにご馳走を運んでいるのです。

 

同じ条件でも お互いを思いやることで
こんなにも雰囲気が変わってくるんですね。

ふだんの心がけ
笑顔とかやさしい眼差しとか声かけとか
気をつけたいと思いました。