あるボランティアの方とお話をしていた時に
印象に残ったことばです

研修の時に「自分の裏」を見せた人が
残っているような気がする…と

人間は表だけ見せているわけにはいかない
時もありますよね

裏はあって当たり前
表と裏 光と影 長所と短所 強さと弱さ…
みんな1セットですもんね

こんな自分もいていいかって
受け入れることができて
前に進めるということなんでしょうね