職場でも家族のなかでも
「人とのかかわり」はついてまわるものですね

人に対して「こうあるべき、ああなるべき」
と望んで そうなっていない人を責めてしまう

裏返すと「こうであれば、ああであれば」
と望んで そうなっていない自分を責めてしまう

人に対しても自分に対しても
今の状態から繋がっていくと思えるところに
望む姿を描いていかないと つらくなってしまう

やっぱり今の状態の人と自分を受け入れる
ところからでしょうか