人によって進み方はちがう
一段一段確実に登れればいい

踏み外しても また登ればいい
少しずつ見晴らしのいい場所に変わっていくだろう