潮の満ち干きのように  出会いと経験を繰り返しながら

昨日よりも今日の自分に 豊かさが増していくといい

くらべるのは他の人ではなく 昨日の自分ですね