こつこつ磨いて光るのと同じくらい
自分の光っているところを
ちゃんと見ることが大切かもしれない

それは誰のためって?
自分のためですよね