心理カウンセリング 島野浪江 公式サイト【名古屋 くれたけ心理相談室】
ご縁をつないで

出会い

思いがけなく

「王子バラ園」は、春日井市の王子製紙の敷地に、地域の人のためにつくられたものです。 お花づくりが好きだった人に、「たくさんの種類があって、きれいよ。ぜひ行ってみて」 と、言い遺されたようなところでした。 お寺の「はなまつ …

穏やかな一日

「あんた、どこから来たの?近く?」 「う~ん、自転車で30分くらいのところ…」 「そりゃ、遠くもなく近くもないね」 「は…い」   こんな会話を10回以上しただろうか。 穏やかに一日が過ぎました。ありがとう。

穏やかに…

両親ふたりが穏やかに暮らしてくれればいい 何かあった時には覚悟しているので… そんなことばが印象に残りました。 「毎日喫茶店まで歩いて行っているのがリハビリ」と、介護サービスを拒否している人… 穏やかに暮らしていれば、ね …

うれしい風の便り

一つ一つ ハードルを越えて 一歩一歩 前に進んできた人 最近 遠方まで旅行に行かれたとのこと…   あまい香りとともに運ばれてきた うれしい風のお便りでした

いくつになっても

「いくつになっても 何かを始められるのはステキなこと…楽しみながら…ね」と 野球少年のような あどけない笑顔で言ってくれた 趣味や地域ボランティアなどを 楽しみながら続けてこられた人 今は 車いすや歩行器を駆使しながら  …

てがみ

自筆の手紙は その人の気持ちがこもっていてうれしい なのに なかなか返事が書けない私は ついつい メールの方が早くていいと思ってしまう もう少し 待っていて下さいね

希望

某病院で 穏やかな風景に出会った 病気の奥さんの側で ゆったりと構えて ユーモア交えてお話をする人 この人といたら 安心だろうなと思わせる人 お二人に幸あれ と願わずにはいられなかった  

迷いの時期は始まりの時期

ここは、昨年10月12日の名城公園のフラワープラザ。 ここのイベント「フラワーフェスタ」で、カラーセラピストの兵藤絵里さんがお話をしてくれました。 このお花・シャコバサボテンは、イベントのプレゼント抽選でもらったものです …

ご縁が生れて

今日も、産業カウンセラーの養成講座がありました。 セッションの練習が続きます。 話せる程度の自分の話をするのですが、だんだんと仲間の存在が近くなってきます。 ここでも、ご縁が生れていきます。

1年に1度の「4月会」

いつの頃からか、15年位経つだろうか、この3人で4月会をやるようになりました。 4月生まれの誕生会なのですが、たいてい年末位になってしまいます。 この中の一人は、精神障がいを持っている人の当事者会の代表をやっていたり、福 …

« 1 2 3 »
PAGETOP