心理カウンセリング 島野浪江 公式サイト【名古屋 くれたけ心理相談室】

ちょっと「生きやすくなる」ための方法⑴

  • HOME »
  • ちょっと「生きやすくなる」ための方法⑴

この「だるまさん」の笑顔、いいですね。
こんな笑顔になるためには、自分を受け入れやす
くすることですよね。

自分を受け入れられると、人も受け入れられるよ
うになると思います。

会社だったり、学校だったり、家族の中などの
人間関係を少し親密にするスキルにもなります。

交流分析の「わたしもあなたもOK」の範囲を広
げていく+アルファでかいてみました。

 

① 自分を値引き(ディスカウント)しない
ありのままの人間として100%であるのに「どうせ自分はダメなんだ」と自分を値引いてしまう。
このことは値引きされてきたという歴史もあると思いますが、自分で口にするのは止めてみましょうか。

②自分をほめる(ストローク)
今日できたこと、どんな小さなことでもほめる。
家事がはかどったでもよし、計画的に休めたでもよし、誰かに親切にしたでもよし…

③自分を抱きしめる(ストローク)
奇蹟的、天文学的な確率で生まれてきた、この世で唯一人の自分を抱きしめる。
存在しているだけでよし、何かの役割をはたしている。

④ほめられたら謙遜しないでそのまま受け取る(ストローク)
せっかくのストローク(存在・価値・行動を認めていることを伝える働きかけ)なので
謙遜しないで素直にいただきましょう。

感謝する
生れてきたことに感謝、今生きていられることに感謝、今日無事に終えたことに感謝する。

今日嬉しかったこと、よかったことを思い出す
空がきれいだったでもよし、フルーツがおいしかったでもよし、誰かに親切にされたでもよし…

 

こうして自分を受け入れられる⇒心が落ち着き、安定する⇒気にしていたことがあまり気にならなくなる
⇒人を受け入れられるようになる⇒「わたしもあなたもOK」の範囲が広がる⇒ちょっと「生きやすく」なる

くれたけ総合窓口(受付時間 9:00 - 21:00) TEL 0120-03-5905 WEB予約は24時間受付中(土・日・祝日も開室)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい

ご予約カレンダー
PAGETOP