心理カウンセリング 島野浪江 公式サイト【名古屋 くれたけ心理相談室】

島野 浪江 プロフィール

心理カウンセラー 島野 浪江(しまのなみえ)のご紹介

【資格】精神保健福祉士、ストレスチェック実施者、メンタルケア心理士、介護福祉士、介護支援専門員

その他、実践心理学(NLP神経言語プログラミング)、カラーセラピー、バッチフラワーレメディセラピー、ハンドセラピー、交流分析カウンセリング(TA)、インナーチャイルドセラピー、ヒプノセラピーなどを学び資格も取得してきました。

【趣味・好きなこと】気功(導引養生功、健身気功)(太極拳)、ハイキング、ジョギング、森林浴、猫のいる公園の散歩など

 

略歴

1956年に埼玉県の山里に生まれました。
高校卒業後、福祉関係の大学進学のために名古屋にきました。
名古屋で結婚し、名古屋が第二のふるさとになりました。
一般事務などの仕事をしていましたが、もともと福祉や心理カウンセラーなどの仕事をめざしていたこともあり、40歳頃から介護や精神保健福祉などを学び、障碍者・高齢者の訪問介護、精神障碍者支援センターでの相談員、介護支援専門員(ケアマネ)の仕事に20年くらい携わってきました。 家族は、夫と猫1匹と暮らしております。

 

カウンセラーへの道のり

「人生は簡単といえば簡単だし、難しいといえば難しい…」と晩年の祖父が、縁側に座って私に語り掛けるようにつぶやいたことがあります。
そのつぶやきの中には「家族に期待されるように生きられなかったおまえにとっては、生きることは難しかったんだろうな」という意味が含まれているようでした。今振り返ってみると、人間の成長段階において危機的な状況に陥ることは多かれ少なかれ多くの人が経験することだと思うし、また個人的な経験を通しても「生きづらさ」を感じてきた時期があります。

 

私にとって最初の経験は、思春期から青年期だったと思います。大人の入り口での漠然とした悩みのなかで、高校生の頃の私は「学校はつまらない」と思い、学校にあまり行かなかった(今でいうと不登校)時期もあります。なんとか出席日数をクリアーして卒業はできましたが、深い海の入り口でどう泳いでいこうかと戸惑っていた時期だったと思います。

 

その後、福祉関係の大学に入り、福祉や心理なども学び、NGOボランティア活動などを長くやってきました。仕事としては介護福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員などの資格を活かして、障碍者・高齢者の訪問介護、精神障碍者支援センターでの相談員、介護支援専門員などに20年くらいかかわってきました。

そうした中で、何か「生きづらさ」を感じていました。介護・福祉業界で陥りやすい燃え尽き症候群や、更年期障害も合わせて経験してきました。

 

私の「生きづらさ」が、私の思考の在り方にあったのではないかとだんだん気づいてきたのです。
「社会はこうあるべき」「仕事はこうやるべき」「私はこうあるべき」というような思考の在り方は、根性で乗り越えられる時期もありますが、燃え尽き症候群になりがちです。
そしてなによりも自分ときちんと向き合えていなかった、実は人ともきちんと向き合えていなかったのではないかというところに思いが至り、改めて心理学関係などを学んできました。

 

そして、「生きづらさ」を抱えている方たちと思いを共有しお役にたてたら幸いだと思いました。
自分の経験と障碍者支援や介護支援の仕事の経験、学んできた知識などを活かして、不登校、ひきこもり、仕事のしづらさ・燃え尽き、更年期のこと、障碍者福祉のことや介護のことなど、そして人間関係や心のこと全般にわたって対応させていただいております。

 

⇒推薦のお言葉をいただきました

⇒初めての皆様へ

くれたけ総合窓口(受付時間 9:00 - 21:00) TEL 0120-03-5905 WEB予約は24時間受付中(土・日・祝日も開室)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい

PAGETOP