見えるものは?

先日、志賀高原の帰りに軽井沢に寄り、
重要文化財・旧三笠ホテルを訪れました。

三笠ホテルは、明治38年に建築された
わが国唯一の木造純西洋式ホテルだそうです。

ベッドあり、西洋式トイレあり
確かに木造純西洋式ホテルでした。

 

不思議な絵柄のテーブルに目をひかれました。

軽井沢彫家具は、日本的なモチーフと西洋スタイル
の融合形がみられるとのこと。

この模様、同じ模様なのに、縦線が濃く見えたり
横線が濃く見えたり…不思議です。

縦線がひし形っぽく見えたり、横線はラーメン丼の
模様に見えたり…

見えるものって、見方によって違ったものに見え
る…どう見えても正解ってことですよね。

コメントを残す