夜明けは誰の前にも分け隔てなく
平等にやってくる

見ようとするかしないかの違いかも
それも きっとタイミングなんでしょうね