逆立ちは誰にでもできる

逆立ちって
頑張って逆さに立つことでもないみたい

逆立ちって
ましてや逆さに転がり落ちることでもなさそう

正面からも見えるし、逆さからも見える
自分を映し出すことができる容量かなと思う

良いところも悪いところも両方受け入れられる
自分をみつめることができる容量かなと思う

そうしたら、自分の容量が膨らんでいくように
新しい思考も抵抗なく受け入れられていくだろう

 

ほんと、頑張って逆立ちしなくてもいい
自分と向き合える容量の深さ、広さがあればいい

それは

何かのタイミングで、自分の心が癒されれば
誰にでも培われていくものだと思う

コメントを残す