生きる質

映画「老人ファーム」を観てきました。

「生活の質」を突き抜けた「生きる質」を
感じたというのが、率直な感想です。

そして、そこにかなり惹きつけられました。

それは主人公が「介護」の在り方を超えた
「生きる質」を求めていたからでしょう。

 

ただ、介護の現場にいた者としては
正直なところ終わり方に違和感もあります。

おだやかな日常の生活が戻ってきて
ほしかったという気持ちも残りました。

 

そうではあっても、現場に甘んじない主人公の
生き方には強烈なインパクトがあります。

破壊から創造へ
ここからが彼の始まりでもあり
私たちの始まりでもあるのかもしれません。

 

名古屋駅のシネマスコーレで上映中です。
ご興味があったらご鑑賞くださいませ。

 

「老人ファーム」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

投稿者プロフィール

島野浪江くれたけ心理相談室(名古屋ルーム)の心理カウンセラー(精神保健福祉士、産業カウンセラー)
近隣地域のカフェ・訪問、電話(スカイプ等)にも対応しております。
みなさまが生きづらさから解放されることを願って、心を込めて対応させていただいております。
・カウンセリングのご予約・お問合せ

コメントを残す

前の記事

できれば仲良く

次の記事

これから