プロ心理カウンセラーになる道のりの中で「大きな影響を与えてくれた一冊」(#133)

くれたけ心理相談室からの6月お題2つめです。

プロ心理カウンセラーになる道のりの中で、
さまざまな本をご紹介していただいたり、ご縁があって手にしたりしました。

そのなかで、いちばん私の心にしっくりと落ちてきた一冊は、この本です。

『やさしいカウンセリング講義』古宮昇著(創元社)

 

自分を大切な存在として寄り添われ、心癒されると、
自ら治癒力がはたらき、本来もっているやさしさが輝き始める

一環としたそのような考え方に心惹かれていったのだと思います。

 

「話し手とともに、本当にその場にいる」と強く感じられるように、
共感し傾聴できるカウンセラーとしての成長をめざして、日々精進してまいります。

 

明日はきっと晴れ

島野浪江くれたけ心理相談室 名古屋本部・北名古屋市等の心理カウンセラー(精神保健福祉士、産業カウンセラー)
愛知近郊のカフェ・訪問、電話(スカイプ、ライン等)にも心を込めて対応させていただいております。
・カウンセリングのご予約・お問合せ

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

きょり その2