大きく心を開いて

私たちは、食事を摂る時に
大きく口を開けていただきます。

あたりまえのことですが、
人の食事介助をやらせていただくと

大きく口を開けていただけることが
とてもありがたいことに思えます。

口を開けていただけない時には、
声かけや差し出し方(形状など)の工夫が必要です。

 

 

そう、私たちが
新しいことを吸収して学んでいく時に、

いちばん大切なことは、大きく心を開くこと
かもしれません。

時には、自分で刻んだり、時間をかけたり、
いろいろな工夫も必要になってくるのでしょうね。

 

大きく心を開いて

今の自分の心の成長に必要な栄養を、
上手に吸収していきたいですね。

 

今のあなたから

島野浪江
島野浪江くれたけ心理相談室 名古屋本部・北名古屋市等の心理カウンセラー(精神保健福祉士、メンタルケア心理士)
・ご予約・お問合わせは、こちらで伺っております。

メッセージはお気軽にどうぞ