心理カウンセリング 島野浪江 公式サイト【名古屋 くれたけ心理相談室】
ご縁をつないで

自分のこと

解かれる

「あるべき自分と望む自分」のちがいに なかなか気づけなかったような気がする 「あるべき思考」は 自分に無理を強いて 「 自立と依存」の揺れ動きにもなってしまう 「燃え尽き」にもなってしまう 自然な素の自分で 望む自分を描 …

風船

人から見られている私

以前は 人から何か言われたりすると 「お言葉ありがとうございます」という前に 「私の何が悪かったかしら」と思ったり 「そう言われても…」と思ったりしがちでしたが そう言われても…という言い訳をしなくても ちゃんと受け止め …

白いチューリップ

20歳の私に贈りたい本(#98)

20歳の私に贈りたい本は 『ウユニ塩湖 心を整える 100の言葉』です。 この本は半年位前に、友人から紹介してもらったものです。 どのページを開いても、言葉と景色で心が洗われる そして ふっと気持ちが明るくなる本です。 …

「ただしい人」から「たのしい人」への橋渡し

10年くらい前のこと 気功を始めた頃のこと 疲れていたら休んでもいいよ…と 自分に許した頃のこと こんな文章に釘付けになりました。 (五木寛之著「林住期」より) 「前半の五十年は世のため人のために働いた」 「後半生こそ人 …

切なく熱く「生きる」(くれたけ#95)

「人生が変わった言葉」というより 切なく熱く「生きる」ことをうたった 忘れられない情景です いの~ち みじいかし~ こいせよ~ おとめ~ 「ゴンドラの唄」を 公園のブランコに乗った 余命を宣告された男の人(志村喬)がうた …

私のセブンルールについて(#94)

【くれたけ8月のお題-2】 あなたの”セブンルール”教えてください(くれたけ#94) 1)呼吸を整える、必要に応じて深呼吸する 2)外出する時は水を持参する、薬の役割になる 3)1週間に1回はヨガで大声を出す 4)神社( …

私の名前について(#93)

【くれたけ8月お題-1】 あなたの名前について教えてください。 私の名前は「浪江」(ここにも名前について書いています)です。 そう、福島県の「浪江町」と同じです。 高校生の頃か「私と同じ名前の町がある」と知り いつか行き …

きっと思いは叶う(#92)

【くれたけ7月のお題-2】 (小学校入学以降)子供の頃の嬉しかった思い出を 聞かせてください(くれたけ#92) 小学校5、6年生の時の担任の先生は 体育の先生で、体育にはとても熱心でした。 その先生とはポートボール(知っ …

幼い頃の自分との出会い(#91)

幼い頃の私 手元にある写真を見ると いろいろな顔がある 怒ってる顔だったり はにかんだ顔だったり げらげら笑ってる顔だったり   大家族のところに嫁いだ母の苦労もあり 幼いなりに大人たちの話を聞きたがったり 母 …

自信になるもの(#81)

生きていくのに「自信になるもの」ってなんだろう たぶん 自分でやろうと思ったことは 自分で納得するまでは続けてきたことだろうか もちろん途中でやめたりもあるけれど 後から 何かがつながっていることに気づいたり その時は自 …

1 2 3 5 »
ご予約カレンダー

更新情報

ブログアーカイブ

PAGETOP