ご両親の介護をされていらっしゃる息子さんや娘さんの心理的なご相談を、多く頂戴するようになりました。

私は訪問介護員、介護支援専門員として介護の仕事には長い間携わってきましたので、お声かけいただいた時には、心理と介護の専門的知識と経験を活かしてできる限りの対応をさせていただいております。訪問・電話(スカイプ)も可能です。(お話を聴かせていただき、望む方向性など共に寄り添っていけたらと思っております)

メニュー・料金

◉ルーム・カフェ・訪問・電話(スカイプ)カウンセリング(90分)11,000円(税込)で承っております。

 

お家での介護のお悩みについて

お家での介護のお悩みについては、このようなご相談をよく承っております。

・もともと親(夫)との関係がよくないのに介護しなければならない
・夫が介護に協力してくれないのが心理的に負担である

介護する側として、ご家族との関係は親子の関係から夫婦との関係、嫁姑との関係なども含まれて、精神的負担が大きいこともお察し致します。

一つの方法としては、無理のない距離をとりながら介護サービスを利用するということもあります。
もう一つの方法としては、少しずつ関係をほぐしていくということですが、間に立ってくれる人などのサポートが必要かと思います。

 

しっかりしていた親の認知症を受け入れられない

認知症状の進行は、会話がうまく成立しなくなったりと共ににつらいですね。そして、ご家族として認めたくない(特に親ごさんに関しては、しっかりしていた親だったのにという思いがあり)というお気持ちもお察し致します。知識と時間も必要かもしれません。

 

・(障がいをもつ)子育てと介護の両方を一人で看なければならない
・仕事をもっているので、思うように介護できない

介護と子育てとの両立、仕事との両立などが求められて、混乱に陥ってしまうこともありますね。

その人の状況にもよりますが、介護100%の生活ではなく、何か他のこと(パートの仕事とか趣味とか)の楽しみも持てるように、介護サービスに上手に頼られた方がよいかと思います。

 

認知症状も進んで、家で看れないので施設に入れたいが罪悪感がある

在宅なのか施設なのかの選択はさまざまですが、在宅介護には限界もあります。施設入所に関して罪悪感を感じてしまう方も多いのですが、介護される方の無理のない選択をお勧めいたします。
そのことが介護される方の幸せにつながっていくと思います。

 

 

親御さまとのカウンセリング(お話を丁寧に聴かせていただいております)も承っております。ご遠慮なくご相談くださいませ。今までの知識と経験を活かして、心を込めて対応させていただきます。

ご予約はこちらからどうぞ⇒ご予約・お問い合わせの方法

くれたけ心理相談室(お電話でのご予約)0120-03-5905受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日も受付 ]

ネットでのご予約・お問合せ 事務局が対応させていただきます。

予約をする(空席確認)

島野浪江のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。