心理カウンセラー 島野 浪江(しまのなみえ)のご紹介

【資格】精神保健福祉士、産業カウンセラー、ストレスチェック実施者、メンタルケア心理士、介護福祉士、介護支援専門員

その他、NLP神経言語プログラミングマスター、カラーセラピー、バッチフラワーレメディセラピー、交流分析カウンセリング(TA)、インナーチャイルドセラピー、ヒプノセラピー

【趣味・好きなこと】気功(導引養生功)、ヨガ、山登り、走ること、猫のいる公園の散歩など

家族は、夫と猫1匹と暮らしております。

略歴

1956年に埼玉県の山里に生まれました。高校卒業後、福祉関係の大学進学のために名古屋にきました。

名古屋で結婚し、名古屋が第二のふるさとになりました。

一般事務などの仕事をしていましたが、40歳頃から介護や精神保健福祉などを学び、障がい者・高齢者の訪問介護、精神障がい者支援センターでの相談員、介護支援専門員(ケアマネージャー)の仕事に携わってきました。不登校・ひきこもり経験のある方のサポートにもかかわらせてもらいました。

現在は、くれたけ心理相談室(本部)の心理カウンセラーとして、サポートをさせていただいております。

カウンセラーへの道のり

以前は、私の中にいつも「生きづらさ」が同居していました。

私にとって最初の「生きづらさ」の経験は、思春期から青年期だったと思います。大人の入り口での漠然とした悩みのなかで、高校生の頃の私は「学校はつまらない」と思い、学校にあまり行かなかった時期もあります。なんとか出席日数をクリアーして卒業はできましたが、人生の深い海の入り口でどう泳いでいこうかと戸惑っていた時期だったと思います。

その後、福祉関係の大学に入り、福祉や心理なども学び、福祉・介護関係の仕事に携わってきました。NGOボランティア活動などにも人生をかけてかかわってきました。そうした中で、やりがいを感じながらも、何か「生きづらさ」を感じていたのです。

そして、私の「生きづらさ」が、私の思考の在り方にあったのではないかということにも気づいてきたのです。

「社会はこうあるべき」「仕事はこうやるべき」「私はこうあるべき」というような思考の在り方は、信念で乗り越えられる時期もありましたが、燃え尽き症候群に近いものも経験しました。離婚も経験しました。

その経緯があったので、自分と向き合うためにも、改めて心理学、カウンセリングなどを学びはじめました。それは、思えばずっと志望していたカウンセラーとしての道でした。

幸いなことに、今こうして心理カウンセラーを職業として、皆様の大切なお心のサポートをさせていただいております。

私の経験してきたこと学ばせていただいたことを活かし、変わりたい自分自身のこと、人間関係、恋愛関係、夫婦・家族関係、障がい福祉、介護など幅広く対応させていただいております。

ご縁をいただいた際には、心を込めて対応させていただきたいと思います。

くれたけ心理相談室(お電話でのご予約)0120-03-5905受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日も受付 ]

メールでのお問合せ 事務局が対応させていただきます。

予約をする(空席確認)

島野浪江のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。